ペット火葬についての情報が満載

ペット火葬の方法

ペット火葬の方法 ペット火葬の種類について知りたいという人もいるでしょう。
まず立会火葬というのは、ペットの遺体を業者に持ち込み、家族の立ち会いのもと個別に対応するという方法です。
その後は遺骨を骨壺に納め、自宅に持ち帰ることができます。
個別火葬では業者がペットの遺体を預かり、専門の施設で火葬してから自宅に遺骨を返すことになります。
この場合は家族が立ち会う必要はなく、全て業者に依頼できます。
合同火葬というのは個別ではなく、他の家のペットと一緒に火葬を行うというものです。
遺骨が家族に戻ってくることはなく、散骨が行われることが一般的です。
個別にペット火葬を行うよりも値段は安く設定されています。
近くに専門の施設がない場合、出張サービスを利用するのがおすすめです。
この方法では業者が車で自宅に訪問し、戸建ての場合は駐車場でペット火葬を行うことになります。
駐車場がない場合や集合住宅である場合、自宅から離れた場所でペット火葬が行われます。

ペット火葬後の遺骨はどうしたら良いのかをご紹介します

ペット火葬後の遺骨はどうしたら良いのかをご紹介します 大切なペットが亡くなった時、ペット火葬をお願いする事になります。
ただ、基本的には火葬が終わった後の遺骨は自宅へ骨壺へ入れて返骨されることがほとんどと言われています。
大切なペットであり家族であるから、亡くなってからもずっと自宅に置いておきたいと考える方もいらっしゃるでしょう。
自宅に安置しておくこと自体は人間とは異なり、ペット火葬した遺骨は法律で産業廃棄物として分類される事から、法的にも特に問題もないのでかまいません。
かつての日本では、自宅の庭に埋めておくというご家庭もしばしば見られましたが、現代では自宅の仏壇などに安置している方も少なくないのです。
ただ日本と言えば湿気が多い地域ですので、保管環境が悪いとカビが生えてしまいます。
骨壺は陶磁器や金属で作られているものが多く、結露を起こしてカビを起こす可能性がるためです。
これらを防ぐためには除湿作用のあるシリカゲルを購入して入れておくと安心です。
シリカゲルは100均でも簡単に購入できるためおすすめです。
また自宅での安置ではきちんと供養されないのではと心配な方は、埋葬をおすすめします。
ペット霊園というのが近年各所で整備されていますので、お近くにあれば是非ペット霊園を利用されると良いでしょう。
霊園では個別のお墓、他のペットと共に眠る合祀、納骨堂への安置の方法がありますので、お好きな方法で弔われると良いでしょう。

新着情報

◎2024/6/4

情報を追加しました。
>ペット火葬に関するメリットを掘り下げる、心に寄り添うご案内
>ペット火葬を考える際の注意点とデメリット
>ペット火葬から散骨までの流れと心に寄り添うサービスのご案内
>ペット火葬とドレスコードに関するお役立ちガイド
>海外でのペット火葬に関する知識と異国でのペットのお別れに役立つ情報

◎2022/10/11

情報を更新しました。

>ペット火葬で起こりやすいトラブルと業者の選び方
>ペット火葬の利用が不可能になってしまうことはある
>ペット火葬で立ち会いできる参列者の数を確認しておく
>ペット火葬でも菩提寺などから僧侶を呼びお経をあげてもらえるのか
>ペット火葬に参加をするときには香典が必要になるのか

◎2021/7/2

安心できる会社に任せる
の情報を更新しました。

◎2021/4/1

利用時に確認すべきこと
の情報を更新しました。

◎2021/1/5

24時間対応のペット火葬が便利
の情報を更新しました。

◎2020/10/15

サイト公開しました

「ペット 方法」
に関連するツイート
Twitter

ペットの健康管理には、いくつかの方法があるよ

ペット好きの男女必見!ペット婚の特徴や料金、登録方法を徹底解説

コン止まったらペット死ぬから緊急対応だったし…本当に納得いかない…。どうにか管理会社に請求する方法ないのかな。有識者の方助けてほしい…。

犬の糞を家の前でされるの嫌すぎて飼い犬を寄せ付けない方法なにかないんかな。ペットきらいなのにみんな犬好きみたいな風貌して歩いてる人も嫌い。

現状で買える値段だと、巨人殺しとワンサイドマント 黒猫のお面は精錬チャンスで+9を作る。今は+2が3個あるはず。いけなくはない。 アリス以外で看破はいらないしね ディレイ59なのは諦めよう、後1を詰める方法が今ない。 ペット使う以外では方法が現状ではない