ペット火葬についての情報が満載

当サイトは犬との生活において大事なことでもある、ペット火葬についての情報を取り扱っております。
大事な家族を送るために火葬を検討しているのであれば、サイト内の情報を参考にしてみてはいかがでしょうか。
実際に火葬を行う際の方法や業者選び、咄嗟の時に使える24時間営業の業者についてなど幅広く内容を取り扱っています。
家族との最後の別れをより良いものにしたい方に、おすすめの情報をまとめてありますので、ぜひチェックしてみてください。

犬が亡くなったらペット火葬の検討を

犬が亡くなったらペット火葬の検討を 愛犬との最期の別れを行うにあたって、亡骸をどう扱うか困ったことはないでしょうか。
地域によっては犬に限らずペットの亡骸を市役所へ連れて行くと焼却してくれるところもありますが、それでも家族との別れを惜しむにはあまりにも事務的な気がしますね。
とはいっても、本格的なペット用の葬式を執り行うというのも費用がかかり、また時間もかかってしまいます。
人によっては、愛犬の火葬だけでいいからちゃんと行いたいという人もいるはずです。
そこで検討したいのが、ペット火葬です。
ペット火葬では出棺から火葬、納骨までを行うことになるので、シンプルですが費用も抑えられ、大事な家族との別れもしっかりと行うことができます。
遺骨を持ち帰ることもできるので、遺骨ペンダントなどに収めて家族との思い出を手元に残すことも簡単です。
愛するワンちゃんの最期を見送るのに、ペット火葬を活用するのを検討してみてはいかがですか。

大型のペット火葬をする時の注意点や火葬までの流れ

大型のペット火葬をする時の注意点や火葬までの流れ ペットには人のように戸籍等はありませんが、種類によっては市町村への届け出が必要になります。
犬以外の場合は基本的に届け出などが必要ないケースが多いですが、犬の場合は非常に致死率の高い狂犬病の予防という観点から申告が義務付けられています。
そのため火葬を行う前に確実に届け出を行うようにするべきです。
市町村によってはペット火葬を行ってくれる自治体もありますが、行政のサービス等がない地域では民間の業者に依頼する事になります。
民間の業者では費用も違いますし、対応できるペットの大きさにも違いがあります。
小型の場合はどのペット火葬を行っている業者でも対応してもらえますが、大型の場合は対応できない業者もあるので、注意して選ばないといけません。
また時間的にそれほど猶予がないケースも多いですが、できる限り複数の業者を比較して選んだ方がよりいい条件で火葬ができます。
ペットが亡くなった場合は火葬まで安置する事になって斎場まで運びます。
小型のペットならば小さな箱などを用意して、その中に収めて運ぶことも可能です。
しかし大型のペットになると、布なのでくるんで運ぶしかありません。
そのため必要なものをできるだけ早く調達する必要があります。

ペット火葬で起こりやすいトラブルと業者の選び方

ペットが亡くなった場合、きちんと供養したいと思った時にはペット火葬を行うことができます。
しかし、近年ではきちんと供養したいという気持ちを利用した悪徳業者によるトラブルも増えてきているのが現状です。
ペット火葬で良くあるトラブルとしては、法外な金額を要求されるということが挙げられます。
ほとんどの業者は専門スタッフが丁寧に対応してくれますが、電話やホームページで聞いた料金とは大きく異なったり、葬儀後も寄付を迫られるというケースがあります。
このような要求はペットが火葬炉に入れられた後に行われることが多く、支払われないと遺骨を返さないなどの拒否できない状況を作るケースもあるため注意が必要です。
遺骨も料金を支払ったのに返してくれなかった、すり替えられた、綺麗に残らなかったというケースもあるため、しっかり遺骨のことも確認してから依頼するように心がけます。
このような問題を避けるためには、業者の情報をしっかり確認し、事前に施設に行ってスタッフの対応などをチェックしてから業者を選ぶようにします。

ペット火葬の利用が不可能になってしまうことはある

ペットは大切な家族であり、当然ながら仲良く生活することになると考えられます。
またペットにはいろいろな種類の動物が該当してきますから、法律に違反していないのであればどのような動物でもペットにすることが可能です。
そのためいろいろな動物をペットにしている家庭が存在すると考えられますし、どのような動物でもかけがえのない命に変わりはないです。
基本的にペットのほうが飼い主よりも早く亡くなってしまうことが多いですが、そのような場合はペット火葬を利用するといいかもしれません。
保健所に連絡することでも対応することができますが、家族のように大切に暮らしてきたペットが亡くなったのであれば、ペット火葬で供養するのが大切です。
しかしどのようなペットでもペット火葬を利用することができるわけではなく、利用自体が不可能なケースもあるので注意が必要になります。
一般的に犬や猫の他に小動物などであれば対応してくれると考えられますが、それ以外の特殊な動物になってくると不可能かもしれません。

ペット火葬で立ち会いできる参列者の数を確認しておく

ペットが亡くなった際には最後のお別れとして、ペット火葬を利用するケースは増えてきています。
ペットとはいえ家族同然との考えが増えているからこそ、最後もしっかり供養も含めて火葬したいと考える事が多いです。
ペット火葬自体は様々なプランがあり、火葬車を利用したりペット専用の斎場を利用するという方法もあります。
実際に火葬を行う上で重要になってくるのが参列者であり、利用するサービスによって立ち会う事ができる人数が制限されているケースは多いです。
参列者といっても家族だけになる事は多いですが、それでも人数が制限されていれば家族全員が立ち会えるかどうかは大きくことなります。
実際に利用するサービスによって立ち会える人数は、事前に確認しておく事が大切です。
家族の代表者だけが立ち会うのか、全員で見送る事ができるプラン自体をしっかり選ぶ事がポイントになります。
思わぬトラブルにならないためにも、人数は事前に確認しておく事が大切です。

ペット火葬でも菩提寺などから僧侶を呼びお経をあげてもらえるのか

大切なペットが亡くなった場合、しっかりと供養をしてあげたいと考えます。
ペットの葬儀は近年行う人が多く、人と同じようにペット火葬を行うようになりました。
ですがペット火葬がどのような流れで行われるのかわからず、戸惑う人も多いのが現状です。
ペット火葬においてはいくつかの方法があり、大きく分けて個別葬と合同葬に分けられます。
個別葬は個別に火葬されるためお骨上げをすることができ、そのお骨は自宅に持ち帰ることができます。
一方の合同葬は他のペットとともに火葬されるため、個別にお骨を取り出すことは難しく、多くの場合合同墓に埋葬されます。
お経に関しては、個別葬であれば菩提寺の僧侶にお願いをし、火葬や葬儀の時にあげてもらうことができます。
もちろん合同葬であってもメモリアルパークなどで独自にあげており、供養の内容に関して差はありません。
菩提寺がない場合はペット火葬業者に依頼することで、僧侶を派遣してもらうことができます。

ペット火葬に参加をするときには香典が必要になるのか

葬儀は基本的に人間を供養するときにやることになりますが、ペット火葬のサービスを利用することができれば、ペットもしっかりと供養することが可能です。
近年では多くの人がサービスを利用しているようなことも増えていますから、ペットが大切な人にとっては欠かせないサービスになってくると考えられます。
実際にペット火葬をしたいと考えている場合は、香典などをどうするのか気になるかもしれないです。
人間の葬儀であれば一般的な相場の範囲内で用意することになりますが、ペット火葬の場合も必要になるのか事前に知っておくと安心できるはずです。
基本的にペット火葬の場合は飼い主や家族だけでおこなうことが多いので、他に参列者などが存在することはありませんから、香典についても意識をする必要はありません。
他の人のペットの葬儀などに参列をする場合は、数千円程度は用意しておいたほうがいいかもしれないです。
通常はそこまで頻繁に発生することはないので、レアケースとして考えておけば問題ありません。

もっとペット火葬を知りたい

東京のペット火葬情報を探す

新着情報

◎2022/10/11

情報を更新しました。

>ペット火葬で起こりやすいトラブルと業者の選び方
>ペット火葬の利用が不可能になってしまうことはある
>ペット火葬で立ち会いできる参列者の数を確認しておく
>ペット火葬でも菩提寺などから僧侶を呼びお経をあげてもらえるのか
>ペット火葬に参加をするときには香典が必要になるのか

◎2021/7/2

安心できる会社に任せる
の情報を更新しました。

◎2021/4/1

利用時に確認すべきこと
の情報を更新しました。

◎2021/1/5

24時間対応のペット火葬が便利
の情報を更新しました。

◎2020/10/15

サイト公開しました

「ペット 犬」
に関連するツイート
Twitter

輪ゴムは日常生活において多様な用途で便利に使われていますが、や猫にとっては予期せぬ事故の原因となり得ることがあります。例えば、足を怪我したペットに靴下を履かせ、それを固定する目的で輪ゴムを使用すると、輪ゴムが肌に食い込み、深刻な傷を引き起こす可能性があります。また、耳の通気性を…

楽天市場 Rakuten ペット ペットグッズ ちいかわ ドーム型ペットハウス CW46419 CW46420 CW46421 ペット 用品 ペットハウス ドーム型 おしゃれ 猫 わんちゃん ネコちゃん オシャレ ハチワレ うさぎ

偶然耳に入った『よくペットが自分にじゃれついてくる』という話を聞いて、そのペットを人に置き換えて1人で妄想して限界化するライアンが公式と言う事実。

Amazon mofusand ラウンド型冷感ペットベッド < サメにゃん > 小型犬 猫 ベッド 洗濯 モフサンド クッション MD46424 SHOBIDO 粧美堂

返信先:なかには悪質なブリーダーさんや、ペットショップがあると言いますよね😣昔実家で飼っていたシーズーが、購入後回虫がいました。命を扱ってるのだからきちんとしてほしいですよね!ころもちゃんお薬頑張ってね!